世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

🈲漢字は支那ではなくウリナラ発祥と真剣に考える朝鮮人の異常性🤤

👺朝鮮人は現実を肯定できないと未来永劫救済なし
 
202403151


💩妄想と現実が区別できず、ひたすら相手に難癖してたかろうとする習性
---------------------------------------------
「漢字は中国人ではなく韓国人が作ったもの」韓国人作家の主張に注目集まる=韓国ネット「誇らしい」

2024年3月13日、韓国のインターネット上で「漢字は韓国の文字だ」と主張する韓国人作家の動画が注目を集めている。

韓国のテレビ番組「ビッグクエスチョン」の公式YouTubeチャンネルに先月、「漢字はもともと中国のもの?それは誤解です」というテーマの動画が投稿された。

動画では作家のキム・ジンミョン氏が「中国の歴史で実在が確認されている最古の王朝は殷(いん、紀元前1600年~1046年)であり、その後は周、春秋時代、戦国時代を経て秦が統一した。そして秦が滅亡し、漢楚戦争が起こり、紀元前202年に劉邦が即位し漢が誕生した。
中国からすると、漢が自国の歴史上で最も大きい王朝だ。
そのため中国人は漢民族、漢字などあらゆるものに『漢』の文字を付けるようになった」と説明。

その上で「しかし実際のところ、漢字は殷王朝によって発明された甲骨文字が基になっているため本来は『殷字』と言うのが正しく、殷字は東夷族によって作られた。
現存する東夷族は韓国人や日本人だ」と指摘し、「われわれ東夷族が殷字を作ったということは、われわれが殷王朝を作ったと言える。
つまり殷は中国の王朝ではない」と主張している。

またこれに関する事件として、1899年に約300人の専門家によって行われた殷墟(殷の首都)での大規模な発掘調査を挙げている。
キム氏は「殷墟で大量の出土品が続々と見つかり『世紀の発掘だ』と世界中から注目されたが、7~8日後に中国は発掘を止めてしまった。
その理由は、発掘されたものが漢民族の文化でないことを知ったため」とし、「中国の建物のほとんどが南向きだが、殷墟の建物は北東向きになっていた。
殷墟の北東の方向には渤海湾があった。
昔は故郷の方を向いて埋葬する文化があり、ここでは建物までも故郷の方角を向くように建てられていた」と説明。
さらに「その方角をたどるとわれわれ東夷族の故郷がある」
「殷墟も夏家店下層文化、すなわち古朝鮮の文化」
「古朝鮮文化の発祥地と殷墟で暮らしていた人々の発祥地は同じだ」
などと主張し、
「そのため漢字は中国人が作ったものではなく、われわれ韓国人が作ったものだ」
と強調している。

この動画を見た韓国のネットユーザーからは
「新たな視線、知識が得られた」
「ハングルが最高の文字だと思っていたけど、ちょっと考えが変わった」
「なんだか誇らしい気持ちになった」
「もっとたくさんの韓国人がこの事実を知るべき」
「漢字が中国語ではなく韓国語である証拠。中国人も反論できない証拠だ」
などの声が寄せられている。
---------------------------------------------
難しくて捨てた物を誇らしいだとさw
---------------------------------------------
結局、漢字教育は復活出来ないままなんだろ
---------------------------------------------
自分で努力して得たモノを誇るんじゃなくて
他人が発展させたモノを、自分の手柄のように誇るってのが
普通の人類では理解出来ないな
---------------------------------------------
これで納得できるのがスゲーな。

1.建物が南向きでなく北東向きに作られているとしても、
墓が同じ方向を向いているとは限らないのに、
勝手に墓と同じ方向だと断定する。
2.百歩譲って、墓が建物と同じ方向を向いているとしても、
殷の時代に建物を北東向きに作っていた風習が南向きに変わったように、
墓を故郷の方に向けて作った風習が変わったかもしれないのに、
勝手に故郷が北東にあったと断定する。
3.百歩譲って、故郷が北東に本当あったとしても、
建物から100mほど行ったところや渤海湾よりはるか遠くかもしれないのに、
勝手に渤海湾に断定する。
4.百歩譲って、その建物の家族の故郷が渤海湾だとしても、
その町に渤海湾出身者がいただけで、漢字の発明者は別にいた可能性もあるのに、
勝手に渤海湾出身者が発明者だと断定する。
5.百歩譲って、渤海湾出身者が発明者だとしても、
殷に引っ越してから漢字を発明したのなら、
漢字の起源はやはり殷だということになるのに、
勝手に渤海湾付近で発明したと断定する。
6.百歩譲って、漢字が渤海湾周辺で発明されたとしても、
その民族や集団が韓国と無関係な、
例えば渤海で建国した渤海国の民族である可能性もあるのに、
勝手に韓国人の祖先が発明したと断定する。
---------------------------------------------
民族、国家的にそういう文化ってのが凄いよな

失敗国家とはたまに聞く言葉だが、朝鮮民族は
---------------------------------------------
甲骨文字(ソースで言う殷字)を甲骨文字じゃなく体系化したのが漢だから漢字なんだろ…
---------------------------------------------
ハングルの標準語は日帝が新聞などで漢字と併記して読むための平仮名カタカナの代替品として復活させたものなので
そら漢字廃止した朝鮮半島には広義の機能的文盲しかいなくなるわ
---------------------------------------------
漢字の廃止は北もやってんだよw

共産主義が嫌いなんじゃなくて
朝鮮の中華属国の歴史を抹殺したいだけw
漢字が読める様になって悠久の中華属国の歴史や
近代の日本による近代化を知ると
誇らしい気持ちなど消え失せて
漢字を封印する様になるwww
---------------------------------------------
韓国が独立国家の証拠だと言いながら
「大清属国の漢字入の太極旗」を資料として出してきたりしてな
---------------------------------------------
そう言えば一時期韓字とか言って騒いでいたなw
---------------------------------------------
韓国詩人「ハングルと韓字の美しい同行」

時調詩人であり自由詩人として広く知られるサンガンキム・ラクギ(66)詩人が、現代時調とエッセイが融合した新刊『私たちの時調と調和したハングルと韓字の美しい同行』を出版した。

この本は融合した人文学を追求する新しい著述形態で、韻文(時調)と散文(エッセイ)、人文分野(時調文学、文字学)と社会批評分野(新聞コラム)など、理想と現実、ハングルと漢字、過去と未来を行き交いながら幅広く叙述されている。

著者は、本書を通じて漢字とハングルのどちらも私たち東夷族の文字だと主張している。
現在、私たちの国の現実は、漢字は中国の文字であり、近寄りがたいといって遠ざける傾向が強い。
いきなり、漢字が私たちの国の文字だというとおかしいと思うかもしれないが、著者は日頃、なぜその多くの漢字がよその国の文字であるのに、「私たちの言葉の発音になっているのか」という気がかりを抱いて生きてきたという。
漢字の読み方に「反切法」というものがある。
そこで、漢字辞典の元祖格である1900年前の漢国の「説文解字」の漢字を反切法で読むと、私たちの言葉の発音構造になっている。
そのため、漢字は韓国の文字であり、ハンチャ(漢字)ではなく、ハンチャ(韓字)と書くべきだという。

今日、私たちの言語生活は主にハングルを用い使われているが、漢字語が非常に多く、実際には2つの文字が溶け合って使われてきた。
 著者は語文学者ではないが、約2年にわたって普段の疑問を掘り下げて、漢字は私たちの祖先、東夷族が作った文字だという結論に至った。
また、「28宿天文図の循環原理を基にし、三才思想と調音器官象りの創製から成り立ったハングルの偉大性も改めて確認できた」と話した。

著者はこの本が「汎国民必読書」として、いつでもどこでもたくさん読まれることを思う気持ちで、携帯用に小さく作ったという。
「ソムン(※序文)」は純ハングルの「マリマル」と名付け、逆に「コリマル」は漢字語の「フギ(※後記)」と名付けたことから見ても、ハングルと漢字を同等に取り扱おうとした細やかさが隠れている。
長い伝統であり私たちの国の最高の詩歌である詩調10編が、本の前後の部分と編別ごとに一緒に入っている。
 私たち国民の誰もが、心で読みながら、漢字とハングルの調和した同行を夢見てみるのもいい。

慶尚北道(キョンサンプクト)義城(ウィソン)が故郷であるサンガン詩人は、今まで「森羅万象」、「ハゲワシは大きな羽を容易く開かない」、「水安保のソグマル」、「身・仙・道に関する談論」、「春の日」など8冊の詩歌(時調、自由詩)創作集を出版し、社団法人韓国時調文学振興会第4代理事長を務めた。
---------------------------------------------
漢字ハングル交じり文は日帝が持ち込んだ表現だったと思いますけど
---------------------------------------------
前は
漢字は甲骨文字から出来た
韓国にも甲骨文字がある
故に漢字は韓国発祥
問ってた
---------------------------------------------
ケント氏「韓国には嘘が恥ずかしいという概念がないのか」

なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。

百田:日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たちには何もないから、その屈辱感が凄い。それで今、韓国は日本固有の文化を全部、「朝鮮半島由来」と主張し始めました。柔道、茶道、華道……。

ケント:歌舞伎、相撲、食べ物では寿司やしゃぶしゃぶなどの和食も韓国起源だと言っていますね。

百田:納豆菌を使う食べ物は朝鮮半島には存在しなかったのに、納豆も韓国がルーツだと言い出しています。

さらに、ソメイヨシノも元は済州島に自生していた桜だと。だけどソメイヨシノは江戸の染井村の職人さんがエドヒガン系の桜とオオシマザクラを掛け合わせてつくったもので、自生するわけがないんですよ。それも知らずに「韓国由来」と言っている(笑)。

ケント:近頃は、一部の韓国人は妄想がひどくなったのか、イエス・キリストも孔子も韓国で生まれたという主張まで出てきた。

百田:以前は「侍」や「武道」「武士道」は軍国主義を思い出させるといって、韓国人は忌み嫌っていたはずです。ところがハリウッド映画『ラストサムライ』がヒットしたり、忍者や日本刀が世界から注目されたりするようになって、武道も「朝鮮半島がルーツだ」と言い出した。
---------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

蕨谷哲雄作品集

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!