世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

🚀法外な金を使って1年ぶりH3ロケット打ち上げやっとダミー衛星放出成功💥

🤪打ち上げに喜んでいる情弱馬鹿よ JAXAの正体は邪腐👹
 
20242181

---------------------------------------------
JAXA、H3ロケット2号機の打ち上げ成功 すべての衛星を分離

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、日本の次期主力ロケット「H3ロケット2号機」の打ち上げを行いました。ロケットは順調に飛行し、予定されたすべての衛星の分離に成功、打ち上げは成功しました。

今回の2号機には、初号機で失った地球観測衛星「だいち3号」と同じ質量をもつ、ロケット性能確認用「ペイロ-ドVEP-4」のほか、災害時の観測に活用できる小型光学衛星「CE-SAT-1E」や、地表などの熱変化を観測できる超小型衛星「TIRSAT」が搭載され、軌道に投入される計画です。

2号機は当初、15日午前9時22分から午後1時6分の間に種子島宇宙センターから打ち上げられる予定でしたが、JAXAは天候悪化が予想されるとして、打ち上げを17日に延期していました。
---------------------------------------------
コスト半分…宇宙ビジネス参入へ H3ロケット2号機打ち上げ成功

日本の新たな主力ロケット「H3」の2号機が打ち上げられました。ロケットは予定された軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

■H3ロケット2号機 打ち上げ成功

打ち上げ失敗から約1年。

日本の次期主力ロケット「H3ロケット」2号機が17日朝、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。約1200人が見学のために集まっていました。

■コスト半分…宇宙ビジネス参入へ

H3は現在、運用中の「H2A」の後継機で、より大型の人工衛星を運べるようにエンジン1基あたりの推進力を1.4倍に向上させていますが、コストは半分の約50億円に抑えられています。

近年、宇宙開発を巡っては国際競争が激しくなっています。2040年の宇宙ビジネスの市場規模は2020年の3倍にあたる約150兆円規模まで拡大すると見込まれていて、日本も本格参入を目指していましたが、去年3月に打ち上げた初号機では2段目のエンジンが着火せず、打ち上げに失敗していました。

祈るように見つめるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の職員。

一方、H3ロケットの電子機器のベースとなる部品「プリント配線板」を開発・製造している山形県鶴岡市の「OKIサーキットテクノロジー」では、社内の休憩室に社員や家族など約50人が集まり、固唾をのんで見守っていました。

 前回クリアできなかった2段目のエンジンが着火されたことなどを確認すると、歓喜に沸きました。その後、H3ロケットは上昇を続けて打ち上げから約17分後、小型光学衛星を分離して軌道への投入に成功させると、感極まって涙を流すJAXAの職員もいました。

 また、その他にも予定されたすべての衛星の分離に成功しました。
---------------------------------------------
JAXA「ダミー放出ならまかせろ」
---------------------------------------------
2012/02/11 三菱電機へ天下り150人防衛省など天上がりは81人

2020/12/10文科省汚職で有罪確定の元幹部、JAXAの委託先に再就職…国は再考を要請

汚職体質に変化無し 安倍が首相になった頃から
---------------------------------------------
2023/11/28日の丸半導体の悪夢を繰り返すな【JAXA基金創設】

↑日本は米国のATMだから無理です

●「民生用月周回有人拠点のための協力に関する日本国政府とアメリカ合衆国航空宇宙局(NASA)との間の了解覚書」(2021年1月13日外務省)
---------------------------------------------
2023/03/07 H3ロケット1号機、打ち上げ失敗

宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、日本の新たな主力ロケット「H3」1号機を鹿児島県の種子島宇宙センター(Tanegashima Space Center)から打ち上げたが、失敗した。第2段エンジンの着火が確認できなかったため、指令破壊信号が送信された。

 JAXAはH3ロケットについて柔軟性や低価格をアピールしており、今回の失敗は日本の宇宙開発にとり大きな痛手となった。

 H3ロケットは当初、先月に打ち上げが計画されていたが、発射直前にロケットの1段目にある装置が異常を検知したため直前に中止されていた。
---------------------------------------------
2023年02月17日記事再掲

国運賭けたH3ロケット打ち上げ大失敗 技術大国日本の凄惨な凋落原因は朝鮮カルト自公政権

---------------------------------------------
打ち上げ失敗すると思っていましたが、案の定でした。
朝鮮カルト自公政権に日本に未来はありません
---------------------------------------------
【H3ロケット】JAXA「ロケットはまだ飛んでおらず、失敗ではない」
---------------------------------------------
カウントダウンが進み、白い煙とごう音が響く。

しかし、空に昇っていくはずのH3ロケットは発射台に居座ったままだった。

初打ち上げを控えた17日午前、鹿児島県・種子島宇宙センターは天気にも恵まれ、絶好の打ち上げ日和。準備作業も順調に進み、センター内の緊張感も高まっていた。

午前10時37分、発射時刻の約6秒前に予定通りメインエンジンが点火。約4キロ離れた報道席でも白い煙が吹き出すのが見え、ごう音が聞こえた。しかし、カウントが「0」になってもロケットは動かない。青い作業着を着た宇宙航空研究開発機構(JAXA)や三菱重工業の関係者がバタバタと走り始めた。

記者室では、JAXAの広報担当者が「主エンジンには着火したが、固体ロケットには着火しなかった。今はそれ以上のことは分からない」と説明。「失敗か」との問い掛けには「ロケットはまだ飛んでおらず、失敗ではない」と強く否定した。
---------------------------------------------
SRBは固体だから点火したらもう止まらないけど
SRB点火までは打ち上げの緊急停止が可能な設計らしいので
自己診断系が何か異常感知してSRBに点火せず
メインエンジン絞って打ち上げ中止にした可能性が高い

となると、SRBの異常とは限らないわけで
何処の異常だったのやら
---------------------------------------------
コロナワクチンは作れず、MRJは失敗し、ロケットもダメか
なんか成功したものが最近なんもねーな
斜陽国家はつらいのー
---------------------------------------------
中国人みたいな言い訳w
---------------------------------------------
カウントダウン5からの動画
--------------------------------------------
だいたい世界中のロケットは打ち上げる段階でトラブルがないかチェックして問題があれば打ち上げ中止してるんだが
エンジンは動いたが点火しなかったという屁理屈が通用するかよ
単純にチェックミスだろうがアホか
---------------------------------------------
技術や科学を徹底的に軽視しカルト宗教に縋り続け没落
中世の国かよ
---------------------------------------------
日本がダメになった理由ってこういう所かもしれない
失敗を失敗と認めず言い訳に終始する始末
おそらく保身のためだろう
---------------------------------------------
256億円で直した2号機作るのでご安心ください

文部科学省は23日閣議決定された2023年度予算案に、
来年2月に種子島宇宙センター(南種子町)から1号機打ち上げが
予定されている新型基幹ロケット「H3」の開発・高度化に
52億円を盛り込んだ。22年度第2次補正と合わせると
256億7400万円となり、22年度当初比2.6倍。
23年度打ち上げを目指す2号機の製造費に充てる。
---------------------------------------------
すげえな
失われた30年を経て技術力が北朝鮮以下とか
肥えたのは上級ばかり
もう嫌だこんな国
---------------------------------------------
明日は飛ばせないんでね。
もう一度検査して対策して準備して…ってことで多分半年後になるんじゃないかな。
今回が最後のチャンスだとされていた。
商用争いから脱落しかねないので計画全体としては失敗。
---------------------------------------------
そもそもまだロケットが再利用出来るか不明な段階だよね
着火したエンジンが熱ダメージで使い物にならないかもしれないし中の部品や衛星も振動で壊れてしまった可能性もある
それを考えると失敗ではないと断言するのもおかしいと思う
---------------------------------------------
こんなところにも安倍作法が浸透
---------------------------------------------
ノーベル賞とかジェットもそうだけど、日本国内で研究やるより正直海外でやった方が色んな自由がきくし、のびのび仕事出来るのかもなと思うわ
日本はどうしても責任問題やたら追求するし税金中抜きでかすめ取って現場にはまわってこないし、口だけはやたらぶーぶー椅子に座ってるだけのお上が出すし、やりにくい環境なのかもな
だから結局できる賢い日本人がどんどん海外行ってもう帰ってこない
中抜きと重税しかしない鶴子党ジジイ軍団日本政府のせいだし日本の監視社会連帯責任国民性がそうだから仕方ないけど
---------------------------------------------
固体ロケット部が点火しなかったのね
コストカットと簡略化の弊害のにおいがするぞ
固体ロケットは日本のお家芸だと慢心した予感がする
---------------------------------------------
有人飛行なんでやんないの?
中国なんて自前の宇宙ステーション作ってるよ
---------------------------------------------
日本が自国のロケットに人を乗せるだけの信頼性を持ってないから
事実そんな信頼性は日本のロケットには無いと証明してみせたな
---------------------------------------------
日の丸ジェットと言われた三菱MRJに国も600億ぐらい税金注入してるが、結局中止・撤退を正式決定(つい最近)

何なのこの会社は
---------------------------------------------
次は戦闘機に切り替えるらしい

戦闘機共同開発「最先端技術の結集を」 三菱重工などコメント
2022/12/9
---------------------------------------------
「OMOTENASHI」月面着陸断念でJAXA “失敗以上の失敗だった"
---------------------------------------------
イプシロンの打ち上げ失敗、原因は「引っ掛かり」か「吸着」か
---------------------------------------------
失敗じゃないけど尻に火はついたのかなw
---------------------------------------------
低コストで宇宙ビジネスとか言ってるけど、けっきょく膨大な費用がかかっているという日本あるあるのパターン。
---------------------------------------------
政府が札幌五輪なんて言ったらクーデターだな
---------------------------------------------
JAXAは文科省が主務省、総務省も主務大臣。
---------------------------------------------
永岡桂子文科相は所轄大臣として旧統一教会に一切切り込まない“肝っ玉母さん"
政権が旧統一教会問題で大揺れの中、宗教法人を所轄する文科省のトップに就任。麻生派の“待機組"から順送りで初入閣し、教団の生殺与奪権を握る重要な立場としては軽量感が否めない。現時点で教団との関係は「ない」と答えているが、厳正に対処する意欲も「ない」。就任会見では教団の名称変更を巡る政治介入疑惑について「適切に対応してきたと聞いている」と、早々に「問題なし」の立場を表明。解散命令の是非を問われても、「宗教の自由を守る宗教法人法には手を付けない」と語り、一切切り込もうとしない。教団との関係を断ち切る覚悟のない現政権を象徴する新閣僚だ。
---------------------------------------------
永岡桂子文科大臣の人事は、 創価学会にとって最も御しやすい自民党議員の一人を宗教法人制度の見直し担当に置くという分かりやすい人事。
---------------------------------------------
新閣僚も旧統一教会に会費支出 寺田総務大臣 山際経済再生大臣
---------------------------------------------
それでも民主は共産に前のめり 松本元外相が離党届 民主執行部に打撃
---------------------------------------------
松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命"のジンクス繰り返すのか

資金管理団体「松本たけあき後援会」の収支報告書によると、政治資金パーティーでほぼ毎年2000万円前後の収入があるが、会場の収容人数を大幅に超えるパー券を販売していたというのだ。22日の「しんぶん赤旗」が報じた。

 パーティーに参加しない人の支払いは「寄付」にあたる可能性があるが、収支報告書にはその記載がなく、政治資金規正法違反の疑いがある。

 就任翌日から疑惑の釈明に追われた松本氏だが、国民を呆れさせたのは、新大臣として初めて臨んだ本会議で爆睡していたことだ。22日の参院本会議で、顔をのけぞらせ堂々と眠る松本氏の姿がテレビカメラに捉えられ、お茶の間に流れた。
---------------------------------------------

 

 

 

 

 

 




蕨谷哲雄作品集

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!