世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

🤬処理水難癖の真相はチナ全土の高濃度放射能汚染隠蔽!ウラン鉱山大爆発☢️

🆘内モンゴルと河北省のウラン鉱混濁石炭鉱山で重篤な事故が発生したことは事実です。



202309161




👲しかし、報道内容に食い違いも見られ、日本の汚鮮マスゴミがウランに関して完全スルーしているのはいつものことながら、世界のメディアもチナの放射能汚染に関しては報道していません。
この数年のチナ内陸部の放射線量モニタリング情報がチナ政府によって完全隠蔽されていますが、高濃度の放射能汚染情報は流失しています。
ガセネタに踊らされる愚は避けなければなりませんが、本ブログはチナ全土が高濃度放射能汚染状態であることを推定しています。
チナ産の食品類には手を出さないことが賢明です。
厚労省の検疫を信用するかは個人判断にお任せしますが、本ブログはさほど信用していません。

---------------------------------------------
チナ、上海の自宅で放射線量を測定したら東京の976倍に 福島より上海の方が放射線量が高い 専門家「チナの放射能汚染が示された」

チナ・上海市の自宅で放射線量を測定したところ東京の976倍の数値を記録したとの情報について、専門家から「日本の処理水海洋放出がチナ不動産市場の危機を加速させる」との見方が出ている。台湾メディアのNewtalkが伝えた。
日本が24日、東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出を開始したことがチナの強烈な反発を招き、チナ各地では不安を感じた人々が塩を買い占める現象も発生している。そうした中、チナのあるネットユーザーが先日、「ガイガーカウンター(放射線測定器)で自宅を測定してみたところ、数値は福島の3.0マイクロシーベルトよりもひどく、最高で9.7マイクロシーベルトになった。本当に驚いた。チナ中央テレビ(CCTV)のニュースによると東京の数値は0.01マイクロシーベルト。うちは東京の976倍になる」とし、「カウンターは半年前に購入したが、まさか自宅で(数値が)爆発すると思わなかった。もう頭が痛い」とつづった。投稿された場所は上海だった。
カナダのヨーク大学の沈栄欽准教授は「チナ国民は放射能汚染された物を避けるためにガイガーカウンターを購入して水産品を検査しているが、多くは汚染を発見できなかった」と指摘。その上で、「チナの建材には広く基準値を超える放射性物質が含まれるという問題が存在し、このことは多くのチナ国民を非常に驚かせている。各都市が相次いで検査を行っているが、初歩的にはチナの建築物の放射能汚染状況はおそらく珍しいことではないと示された。人々は不動産業者に不満を言い始め、中には政府当局との癒着を疑う人もいる」と説明した。
---------------------------------------------
安心しろ.上海は北京の十分の一の放射線量
---------------------------------------------
主要都市の空間線量率の測定結果を示しています

チナのウラン爆発以前はナンコリソウルが世界最悪の放射能都市
---------------------------------------------
北京市、放射線モニタリングデータを毎日発表

2011年の嫌がらせ目的で、現在本当の数値を発表したら死刑
---------------------------------------------
チナで放射能汚染拡大中!石炭にウラン混在の愚かな国

内モンゴルの、ある炭鉱で8月26日、トラック運転手2名の死亡事故が発生。 死亡原因は医師の診断によると、皮膚のただれ等の症状が見られ、「放射線被曝」の可能性が高いとされています。 9月2日、現地では雨が降り、多くの住民に謎の症状が大発生、病院は混雑しています。
この炭鉱は、石炭とウランの鉱脈が混在する山であり、埋蔵量も多く、チナの利権となっています。 この炭鉱が、8月から露天掘りに転換したことが大気中に放射能が拡散した原因のようです。

地元当局は2週間の隠蔽期間中、日本の責任にしようと画策しましたが理屈が成立せず、のちに北京に報告。
しかし、すでに放射性物質は露天掘りの地表から大気へと拡散、採掘された石炭はチナ各地の石炭火力発電所に、すでに運搬されています。
---------------------------------------------
【放射能】チナで放射線測定器の売上が上昇中

日本が24日から放射能汚染水の海洋放出を開始したことで、チナでは放射線測定器が売れ筋商品になっています。
関連商品の価格は日本円で約4000円~2万円と様々です。

放射能というのは簡潔に言えば、エネルギーを持つ高速で動く粒子を「放射」する「能」力を指すもので、放射能分析の主な原理は、この高速で動く粒子がどれくらい放射されているのかを分析し、数値化して、相対的な放射性物質の量を測っています。
---------------------------------------------
チナ人は真実を知っていた。
---------------------------------------------
チナからの石炭灰は放射性が高すぎて再利用できない

「チナの一部の地域ではウラン含有量が高い石炭が確認されている」とデューク大学ニコラス環境大学院の地球化学と水質教授のアブナー・ヴェンゴシュ氏は述べた。「これらの石炭を燃焼させるとウランとラジウムが残り、非常に高レベルの放射線を含む石炭灰が生成されます。
---------------------------------------------


 チナの石炭の天然ウラン含有量は土壌と同程度でドイツ等より少ないこと、ウランの90%以上は燃焼後の灰に残り大気には放出されないこと、灰中のウラン含有量も花崗岩と同程度であることが判明した。
 ---------------------------------------------
2015年の段階で北京はソウルに次ぐ世界第二の放射能汚染都市
---------------------------------------------
【実態】 チナ:新疆石炭資源採掘天然放射性核種濃度規制5月1日より正式実施
 
 一部の炭鉱のある炭層にはウランと石炭が共生しており、ウラン含有濃度の高い資源の消費の問題がたびたび発生する。
 全国第1回汚染源調査・副生放射性汚染調査の結果によると、新疆では鉱産物資源開発利用企業のうちの6社の取り扱う資源が放射性レベルの基準を超えているのが判明した。
---------------------------------------------
 【ガセ?】超速報 チナでウラン大事故発生

  内モンゴルの世界最大のウラン採掘現場で、汚染が広がっています。
チナの半分は核で汚染されるとのこと。
チナの部屋でガイガーが跳ね上がっている現象や謎の喘息の原因はこのせいだったんですね。すでに2名が亡くなっています。
当然チナ政府は隠蔽しようとしています、当局は花粉症だとしています。
---------------------------------------------
【ロイター】チナ・内モンゴル炭鉱事故、少なくとも4人死亡 49人行方不明
---------------------------------------------
【CNN】国・内モンゴルの炭鉱で崩落事故 2人死亡、53人行方不明
---------------------------------------------
【朝日新聞】チナ、内モンゴルで国内最大のウラン鉱山を発見
---------------------------------------------
【Record China】 河北省鉱山事故で当局幹部の隠蔽工作が明らかに、遺体12体を他の場所に移す

2023年5月5日、チナメディアの澎湃新聞は、河北省唐山市の鉱山で昨年9月に発生し14人が死亡した水漏れ事故の調査報告がこのほど発表され、組織的な隠ぺいの存在が明らかになったと報じた。
---------------------------------------------
習近平政権が異常事態!…外相「解任」国防相「失踪」から聞こえてくる「チナ崩壊」の断末魔

チナの習近平政権が「異常事態」に陥っている。秦剛外相が突然、解任されたかと思えば、今度は李尚福国防相の動静が2週間以上も途絶えたままだ。一方、国内ではスパイ狩りが加速し、国民の服装まで処罰の対象にする方針だ。いったい、何が起きているのか。
---------------------------------------------
秦剛外相は習近平の意向に従って米国の国務長官が訪中した際冷遇したら、バイデン大統領の国内向け演説で「習近平は独裁者」と言われたのが災いしそれっきり

李尚福国防相は8月29日の北京で開催したアフリカ諸国との安全保障フォーラムで演説して以来それっきり
後者については演説内容わからんのが何とも
---------------------------------------------
【チナ】不動産相場が再浮揚する気配なし 習政権の情報隠蔽下で進む〝チナ金融爆発〟 住宅の供給過剰とデフレ圧力

 チナの大手信託会社、中植金融集団とその傘下の中融国際信託の支払い中断問題は、なぜかチナの新聞やテレビが一切報じない。それに日本のメディアで追跡し続けてきたのは本欄の筆者だけだが、なぜだろうか。
---------------------------------------------
チナ、ハワイ山火事巡り偽情報拡散か 米の「気象兵器」原因と AIも活用

 チナ政府が人工知能(AI)技術を活用し、米ハワイ州マウイ島での山火事を巡る偽情報の拡散に関与していた可能性があることが米マクロソフトなどの研究者によって明らかになった。
---------------------------------------------
チナ経済は崩壊しておらず、逆に「チナ崩壊論」の方が何度も崩壊している=外交部報道官

今年に入ってから、世界経済の回復は滞り、外部の環境は深刻かつ複雑である。しかし、チナ経済は回復を続けており、全体的に好調である。チナの上半期のGDPは前年同期比5.5%増となり、昨年の3%を顕著に上回った。国際通貨基金(IMF)は今年のチナ経済の成長率は5.2%で、世界全体の経済成長への貢献率は3分の1に達すると予測しており、チナ経済は依然として世界の経済成長の主要な原動力である。
---------------------------------------------
↑日本語訳 「チナは万事休すです」
---------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 


蕨谷哲雄作品集

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!