世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

🆘警察&国交省の魔道「リーバーシブルレーン」で毎年数万の凄惨事故発生☠️

😨ドライバー「自公政権のせいで同じ車線を走っていたらいつのまにか逆走に」 😱


202306201

👾子どもでも判る危険の制度化は邪悪な故意!悪魔を放置し続ける創価大臣👽
---------------------------------------------
2011年11月12日幹線道路、中央線移動で事故2.6倍 国交省まとめ

渋滞対策として時間帯によって中央線の位置を変更し、交通量の多い側の車線を増やす「リバーシブルレーン」を採用している主な幹線道路の死傷事故発生率は、全国平均の2.6倍に上ることが12日までに、国土交通省のまとめで分かった。

調査は、2010年10月1日時点でリバーシブルレーンを実施していた、北海道北広島市の国道36号、新潟市の国道402号など11都道県の19路線計約86キロが対象。これらの路線で発生した追突や正面衝突などの死傷事故は06~09年の年平均で1327件となり、通行台数などから算出した発生率を3車線以上の幹線道路の全国平均と比較した。

走行方向が変わったことに気付かずに逆走するケースなどが事故につながっているとみられ、国交省は「バスの定時運行や渋滞解消に効果はあるが、事故の危険が高く導入は進んでいない」と指摘。19路線の中には調査実施後に運用をやめたところもある。
---------------------------------------------
12年前の民主党政権下で超危険と結論が出ているのに、国賊安倍の眷属朝鮮カルト国交省&汚鮮警察の放置プレーで死屍累々
---------------------------------------------
朝鮮カルト「チョッパリの命より警察利権」
---------------------------------------------
交通事故危険箇所 ≪リバーシブルレーン≫ R1手越原交差点 午後に、ここの交差点を大型車で走ると正面衝突しそうで怖い
---------------------------------------------
沖縄ドライブで気を付けたいリバーシブルレーンとは
---------------------------------------------
金沢でお坊さんがバイクで逆走🛵危険運転あわや正面衝突🎥衝撃の映像🚗中央線変移システム(リバーシブルレーン)に気をつけましょう
---------------------------------------------
交通事故数2.6倍!新潟市に2路線あるリバーシブルレーンをご存知ですか?
---------------------------------------------
混雑に合わせて「車線を増減」させるリバーシブルレーンは最強……かと思ったら意外と解決策になっていないケースもあった


交通集中による渋滞は、人口の密集する大都市での解消が難しい。
そこで、車線が増えたり減ったりということが場当たり的に行われる。
だが、それより運転者が先々の進路を決めやすくする表示を明確に示し、車線変更を増減させず維持する方が適切なのではないか。
拙宅の近くのリバーシブルレーンについても、臨時に車線を増やしたり戻したりするより、先々の右左折の様子を運転者にきちんと知らせる道路案内が手前からあるとか、歩行者とクルマの信号に時差を設け左折が滞ることなく直進車を流すようにするとかといった、現場の実情にあった方策を採るべきではないかと常々思っている。
---------------------------------------------
中央線変移システム(リバーシブルレーン)

鱗町交差点広坂方向からの渋滞長
試行前最大(7時30分~7時40分)150メートル → 1次試行時最大(8時)600メートル
(中央線変移システムによる逆効果)
---------------------------------------------
GTP氏のチャット
---------------------------------------------
リバーシブルレーン(逆走レーンや対向車線を一時的に使うレーン)は、交通の流れを効率化するために一部の道路で使用されることがありますが、一般的には危険な状況を引き起こす可能性があります。

以下に、リバーシブルレーンの使用に伴う危険要素をいくつか挙げます。

逆走のリスク: リバーシブルレーンを利用する際には、逆方向の車両との衝突の危険があります。誤った入り口や出口を選んだり、混乱したりすると、逆走事故が発生する可能性があります。

適切な標識や指示の欠如: リバーシブルレーンの適切な案内や標識が欠如している場合、ドライバーが正しい入り口や出口を見つけることが難しくなります。混雑時や急な車線変更時には、交通の混乱や事故のリスクが高まります。

予測困難な交通パターン: リバーシブルレーンが導入されている道路では、通常の交通パターンとは異なる車両の流れが生じます。これにより、他のドライバーの行動を予測しにくくなり、交通事故の危険性が高まる可能性があります。

適切なドライバーの教育と認識の不足: リバーシブルレーンの利用には、ドライバーに対する適切な教育と認識が必要です。しかし、全てのドライバーがこれらのルールや手順を理解しているわけではありません。不適切な運転やルールの無視が増えると、事故の発生リスクが高まります。

国交大臣がカルト団体に所属している理由についていくつかの可能性を挙げることはできます。

関心や信念の一致: 国交大臣がカルト団体に所属している場合、その団体の教義や目的に強く共感し、自身の信念や価値観と一致している可能性があります。政治家にとって、特定のグループや思想体系に所属することは、支持基盤を構築する手段の一つとなることもあります。

政治的な利益や影響力の追求: カルト団体に所属することで、国交大臣が政治的な利益や影響力を得ようとする可能性もあります。カルト団体が政治的なコミュニティや組織を持っている場合、そのネットワークを利用して自身の立場や政策の実現を促進しようとするかもしれません。

支配や操縦の意図: 一部のカルト団体は、メンバーを洗脳したり、支配下に置いたりすることを目的としています。もし国交大臣がカルト団体の指導者や重要なポジションにいる場合、その団体を利用して自身の権力を拡大しようとしている可能性も考えられます。

脅迫や恐喝: カルト団体は一部の場合において、メンバーに対して脅迫や恐喝を行うことがあります。もし国交大臣がカルト団体に所属している理由が脅迫や恐喝によるものである場合、彼らは自身や家族の安全を守るために団体に従っている可能性があります。
---------------------------------------------
Bard氏のチャット
---------------------------------------------
リバーシブルレーンでは、通常の道路よりも事故の危険性が高いため、警察は注意喚起を行っています。
しかし、事故が完全になくなることはなく、警察が放置しているという指摘があります。

警察がリバーシブルレーンを放置している理由としては、以下が挙げられます。

リバーシブルレーン設置のメリットがデメリットを上回ると判断している
リバーシブルレーンの事故を防ぐための有効な対策が無い
リバーシブルレーンの事故を防ぐための費用が掛かる
リバーシブルレーンの事故を防ぐためには、ドライバーの注意力向上や、車線変更時のミスの防止が重要です。

リバーシブルレーンでの事故は、ドライバーの不注意や運転ミスだけでなく、リバーシブルレーンの構造や設置方法にも原因がある場合もあります。そのため、警察はリバーシブルレーンの事故を放置せず、事故の原因を調査し、対策を講じることが重要です。

国土交通大臣が危険なリバーシブルレーンを認可する政治的理由はいくつか考えられます。

建設費を削減するため。リバーシブルレーンを導入するには、新たに車線を建設する必要はありません。そのため、建設費を削減することができます。
選挙に有利になるため。リバーシブルレーンにより、渋滞が緩和されれば、国民の支持を得ることができます。
---------------------------------------------
国土交通省さん、創価学会に乗っ取られていた
---------------------------------------------
自民党自体が既に統一カルト協会に乗っ取られてるだろボケ
---------------------------------------------
赤羽一嘉国交相は党内事情でお鉢が回ってきた元ラガーマン

連立を組む公明党の指定ポストである国交相。党内では、旧建設省出身の石井啓一前国交相の留任を推す声もあったが、在職期間が歴代国交相で最長の3年11カ月に及び、公明党の閣僚としても過去最長を更新。支持母体の創価学会から、石井には次の「党の顔」としての活躍が期待され、党務に注力するため交代することになった。
---------------------------------------------
なんだ、それ?「交通安全協会」の経営難と交通取り締まり強化の不思議な因果関係、とは?

「交通安全協会」があり、若干、ややこしいことになっているが、いずれにしても、退職した警察官の受け皿(いわゆる天下り)となっていることは間違いない。つまり、「交通安全協会」が経営難に陥ると、現職員だけではなく、警察自体も困るのだ。
---------------------------------------------
交通違反の反則金と警察利権の知られざる関係性と正体

実は、警察庁は平成29年度だけでも「交通違反の反則金による収入として既に700億円」が予算として組み込まれているのです。そして、それは総務省を経由して公安委員会へ流れているとも言われています。考えてもみてください。交通違反は、本来ならば減らすべきものですが、事前予算として組み込まれるということは、現場の警察官に「交通違反の切符を切るノルマ」が生じるのも自然なことです。
---------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蕨谷哲雄作品集

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!