世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

😧オミクロン更に変身!BA.2型はパイ株で独立か?その邪悪正体

 
202201282




🤑BA.2型オミクロン👉🏻どうみても生物兵器コロナかな😷

---------------------------------------------
🤒初の生物兵器戦争か

🤕ロンドンのセント・ジョージ大学で腫瘍学専門のダルグライシュ教授と、ノルウェーの製薬会社イミュノール会長で生物学者のソレンセン博士は、新型コロナウイルスのワクチンを開発しようと、ウイルスを調べ始めたところ、ウイルスが人工的に改竄(かいざん)された痕跡を発見した。

2人は、その根源を探ろうと、「レトロ・エンジニアリング」という手法で武漢ウイルス研究所で行われた過去の実験に関わる研究論文やデータを分析した。その結果、中国の研究者たちが遺伝子を操作することで性質の異なるウイルスを作り出す術(すべ)を手にしたと結論付けた。そのうえで、コウモリからとったウイルスの「バックボーン」と呼ばれる部分を別のスパイクに接着させ、致死性が高く感染力の強いウイルスに作り替えたとした。
---------------------------------------------
😲「新型コロナは米国の生物兵器である」習近平の情報工作が日本にも迫っている

😮中国国営TV局の中国グローバルテレビジョンネットワーク(CGTN)のアラビア語版が、とんでもない“ニュース”を視聴者たちに放送していたのだ。それによると、2019年9月に何人かの日本人がハワイで新型コロナに感染し、その後には米軍の生物兵器研究所がなぜか封鎖されたという。さらにオンラインからは、その研究所の情報も消えていた……。
---------------------------------------------
😦「新たに『懸念される変異株』と定義し固有名を付けるべき」 いくつかの国で台頭するオミクロン亜種BA.2について専門家が警鐘

😯「ステルスオミクロン」とも呼ばれるオミクロン亜種BA.2は世界の一部地域で他のオミクロン亜種を上回る勢いで拡散しており、より感染力の強いオミクロン亜種が世界的に大きなCOVID-19の波を引き起こすのではないかと懸念されています

WHOによるとB.1.1.529とも呼ばれるオミクロンは主に3つの亜系統があり、それぞれBA.1、BA.2、BA.3と名付けられています
2021年12月23日の時点までに遺伝子解析が行われた症例の内の99%はBA.1であることをWHOは報告していますが、デンマークなどいくつかの国でBA.2が増加していることから、亜種であるBA.2がオミクロンオリジナル株BA.1を凌駕する可能性が指摘されています

BA.1とBA.2の間には32の共通した変異があるだけでなくBA.2個有の変異も28ある可能性が指摘されており、それらの違いは感染性、ワクチンの効果、重症度などに関して異なる性質を持つことにつながる可能性があるものの、BA.2が持つそれら独自の変異が何を意味するかについて知るにはしばらく待つ必要があるとの見解をデンマーク国家血清研究所は述べています

BA.2にはオミクロンオリジナル株よりも更に感染力が強い可能性があるという初期兆候が見られることからは、この亜種が新たな脅威として注視されるべき存在であることが示唆されています

ロンドン大学インペリアルカレッジのウイルス学者であるトム・ピーコック氏は18日、「複数の国で一貫して増加しているということはBA.2がBA.1よりもある程度感染力が強い可能性がある証拠です」とツイートしました

研究者の中には、BA.2がオミクロンオリジナル株とあまりにも異なるため、WHOはこの株を「懸念される変異株(VOC)」と定義し、独自の名前を付けるべきだと考える人もいます

イスラエル政府の中央ウイルス研究所に所属する研究者、シェイ・フライション氏は「BA.2はBA.1と競合する全く別の変種として関連付けるのが責任ある行動だと思う。WHOの誰かがここにいるのなら、次のギリシャ文字Pi(パイ)が出番を待っていますよと私は言いたい」とツイートしました
---------------------------------------------
🙄アルファ株より感染力が強いデルタ株より感染力が強い
オミクロン株より感染力が強いオミクロン株亜種BA.2

インフレしすぎだろ、有名なコピペかよ
---------------------------------------------
😥2020年 武漢型コロナ蔓延
2020年11月 武漢型ワクチン治験
2021年2月 武漢型ワクチン世界接種開始
2021年5月 デルタ株インドで発生 
2021年8月 デルタ対応ワクチン治験

「何故か」世に出て来なかったデルタ対応ワクチン
2021年11月 オミクロン株南アで発生
2022年2月 オミクロン対応ワクチン治験予定
2022年3月 オミクロン対応ワクチン提供開始予定

WHO「現時点ではオミクロン型ワクチンは不要」

ワクチンを変異株に対応するワクチン開発の度に新たな変異株が生まれている不思議
治験の度に発生している不思議
接種の度に発症している不思議

2022年 ○月 新変異株

ですよねえ?
---------------------------------------------
💀“ステルスオミクロン”への置き換わりに警戒 感染力が2倍との指摘も

従来のオミクロン株より「感染力が2倍」との分析も・・・。
 一部の科学者からステルスオミクロンとも呼ばれるオミクロン株の亜種「BA.2」が今後、増えていく可能性が指摘されています。
---------------------------------------------
😈オミクロン株は軽症じゃなかったのか 「死者数」米国ではデルタ株並みに

💥1月の大阪の死者をまとめている。それによると、「基礎疾患あり」が19人、
「なし」が6人。年齢別では40代と60代が各2人、70代4人、80代10人、90代が7人。

まだ少数とはいえ、「40代」「基礎疾患がない」という人が目立ち始めている。
---------------------------------------------
🦟【感染症専門医警告】「オミクロン株、未接種者は特に高リスク。 3回接種した80代よりも、接種していない30代の方が入院率が高い」
---------------------------------------------
🦠岸田首相、3回目接種にモデルナ推奨のビデオメッセージ。「モデルナなら長時間待たずに打てる。種類よりスピード優先で」
---------------------------------------------
💩オミクロン患者、3分の2が再感染 英イングランド
---------------------------------------------


作品紹介
内容の詳細はここをクリック


 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

 人気ブログランキングへ