世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

嫌韓はヘイトニダ🐶チョッパリ犬CMの汚鮮企業ソフトバンクYAHOOがAIで言論封殺🔇



202110201




---------------------------------------------
💩2021/02/25(木)韓日連合でGAFAを追撃! ソフトバンクと韓国ネイバーが共同出資会社を設立し、YahooジャパンとLINEを子会社化


🐶ヤフー親会社のZホールディングス(HD)と対話アプリ大手LINEが3月1日、経営統合する。統合により検索・通販サイトや対話アプリ、金融など幅広い分野で経営効率を高め、国内首位としてサービスを拡充。米グーグルを含む「GAFA」や中国のオンライン通販最大手、阿里巴巴(アリババ)集団など巨大IT企業を追撃する。

統合手続きの完了により、ZHDはLINEをヤフー同様に完全子会社として傘下に置く。ヤフーのサイトの年間利用者数は8000万人規模。LINEの月間利用者数は8600万人。ZHDは、国内人口の過半を占める顧客基盤を生かし、通販から決済、コンテンツ配信など全方位で業容を拡大したい考えだ。

統合後の課題の一つが、人工知能(AI)を活用した顧客分析、サービス向上の具体化。ZHDの川辺健太郎社長は「世界をリードするAIテックカンパニーを目指す」と述べ、先進技術の開発と世界展開に意欲を示している。
---------------------------------------------
👻2021/05/04(火)米Version、YahooやAOLを44%OFFで売却 売却資金で5G注力、メディア事業からは撤退


💀米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、傘下のネットメディア事業「ベライゾン・メディア」を買収ファンドの米アポロ・グローバル・マネジメントに売却することで合意したと発表した。ベライゾン・メディアは「ヤフー」「AOL」などのブランドを持つ。だが、本業の通信事業との相乗効果が薄く、ベライゾンは売却先を探していた。

アポロとの売却合意では、ベライゾン・メディアの企業価値は50億ドル(約5450億円)とした。ベライゾンが15年に米AOL、17年に米ヤフーを取得した際の買収額はそれぞれ44億ドル、約45億ドルだった。ベライゾンはネット企業の買収を通じて、フェイスブックとグーグルに次ぐ「ネット広告の第3の柱作り」に挑んだが、規模をうまく拡大できなかった。

---------------------------------------------
🏴‍☠️アポロ・グローバル・マネジメント


🏴‍☠️アポロ・グローバル・マネジメント(英語: Apollo Global Management, Inc.、Apollo Management、Apollo)は、米投資銀行ドレクセル・バーナム・ランバートM&A部門を率いたレオン・ブラックが、ジョシュア・ハリスおよびマーク・ローワンと共同で1990年に創業した、米国ニューヨークを本拠とする大手プライベート・エクイティ・ファンド投資ファンド)。

ニューヨーク本社に加えてオフィスをパーチェス、ロサンゼルス、ヒューストン、ベセスダ、シカゴ、トロント、ロンドン、フランクフルト、ルクセンブルクマドリッド、香港、上海、東京、シンガポール、ムンバイ及びデリーに設けている。

出資先の成長戦略の支援の一環として、豊富な資金力を用いて企業規模を追求すべく複数の追加買収を実施するのも特徴的。結果として、出資先の成長戦略の実現のため10年程度と長期にわたって支援を継続する傾向がある。また、プライベート・エクイティ投資を主軸とするものの、クレジット投資、不動産投融資、インフラファンド、航空機リース、アセット・ファイナンス、年金保険、生命保険、損害保険など幅広い金融サービスを展開。

2017年6月、単体のプライベート・エクイティ・ファンドとしては世界最大規模となる246億ドルのファンドを組成[1]。2020年9月、運用資産総額は約4330億ドルに達する。

日本における主な活動
ヤフー - 2021年5月、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズからヤフーやAOLを含むネットメディア事業を取得。企業価値は50億ドル(約5450億円)とされる[2]。2021年7月、Zホールディングスに日本の「Yahoo!」商標権を1785億円で売却。
昭和アルミニウム - 2021年1月、昭和電工から飲料缶と電子部品に使うアルミニウム事業を譲受け。売却額は500億円以上と見られる。
ウェスティングハウス - 東芝原子力関連子会社。2017年3月、米連邦倒産法第11章を適用した同社に、会社更生手続き中の運転資金として約8億ドルを支援。
ジーイー東芝シリコーン - 米ゼネラル・エレクトリック東芝の合弁シリコーン事業を約570億円で譲受け。同時に米ゼネラル・エレクトリックと独バイエルの合弁石英事業も合わせて譲受し、後に両事業を統合してMomentive Performance Materials社を設立。同社は、後にアポロの既存出資先であった、米ヘキシオン社を含む4社と統合し、117の工場、従業員1万人以上、売上高75億ドルの、世界最大級の特殊化学品メーカーとなる[8]。
ベルリッツ - ベネッセコーポレーションの語学教育子会社。アポロは同社株式20%と引き換えに1億ドルを出資。
---------------------------------------------
👽2021/07/05(月)ヤフー、「Yahoo!」ブランドの国内商標権を1785億円で取得へ Oath(ベライゾン)とのライセンス契約を終了


🐶Zホールディングス傘下のヤフーは7月5日、「ヤフージャパン ライセンス契約」にかかわる基本契約を締結したと発表した。

Yahoo!」ブランドに関しては、米通信大手のVerizonが2017年に米Yahoo!を買収して以来、Verizon Media子会社のOath Holdingsが所有しており、ヤフーはYahoo!ブランドを使用するために、これまでOathにロイヤルティを支払っていた。今回、2021年後半に予定されているApolloへのVerizon Media売却完了などを前提条件に、Oathとヤフーが新たな契約を締結。ライセンス契約を終了することで合意したという。

新たな契約では、Yahoo!およびYahoo! JAPANに関連する日本での商標権を取得できるようになるほか、従来の技術ライセンスの対象一式を永久に利用する権利と関連するサポートの取得、ZHDグループ内での日本におけるブランド使用および技術の利用が加わる。同社によると、商標取得などを含めた契約の対価として1785億円を予定している。

これにより、国内限定ではあるが、ヤフーはロイヤルティの支払いなしに関連する商標や技術が利用できるようになるほか、これまでヤフー内でのみ利用できたYahoo!ブランドの使用や技術開発を、ZHDグループ内にも展開可能。より機動的な事業展開につながるという。一方で、Oathとのライセンス契約は終了するものの、事業・技術面などにおいて、引き続きVerizon Mediaとの協力関係は維持されるようだ。

なお、あくまでも可能性の話ではあるが、ZHDグループのLINEもYahoo!ブランドを使えるようになるのかという問いについてヤフー広報部は、「具体的に決まっていることはないが、LINEが使おうと思えば契約上は使えるようになる」としている。
---------------------------------------------
💩2021/09/16(木)【韓国】嫌韓の温床となった日本最大のポータルサイト『Yahoo!JAPAN』

💩日本で「ニュースを見るために接続するインターネットサイトは?」と聞くと、十中八九は『Yahoo!JAPAN(ヤフ・チェペン)』と答える。

ロイター通信では、Yahoo!JAPANのオンラインでのメディアの影響力が2位であるNHKの5倍以上に達していると発表しており、Yahoo!ニュースの月刊アクセス数が225億回を上回るとのことで、日本人はYahoo!JAPANを通じて世間のニュースに触れると言っても絶対に過言ではないだろう。

このように事実上独占に近い影響力を誇る場所がYahoo!JAPANなのだが、実際に韓国に関連するニュースを注意深く見れば嫌韓と呼べる記事の比重が非常に高く、これに寄せられるコメントも記事の性質と大きく変わらないことが分かる。

Netflix(ネップリクス)の普及によってオフラインでは第4次韓流ブームが起きていて、若者を中心に韓国を身近に感じる者たちが徐々に増えているという統計調査にもかかわらず、特にYahoo!JAPANだけが韓国を敵視する雰囲気が際立つ理由は何なにか。

最も大きな原因は、ヤフコメ民と呼ばれるインターネット右翼にある。Yahoo!とコメント、民族の3つの単語を合わせたヤフコメ民は、日本のメディアですら問題があると何度も指摘するくらい、現実とかけ離れた極端な発言と虚偽の内容で書き込みテロに明け暮れる部類たちを指す。

Yahoo!JAPANの独自調査の結果によれば、ヤフコメ民は全体ニュースの観覧者の2%にも満たないが、これらが寄せるコメントの量は全体の3分の1に達することが分かっていて、実際には極めて少数の利用者がインターネット世論を操作していると見てもいいレベルだ。

このような状況についてYahoo!JAPAN側は、「AIを活用してコメント内容の真否と攻撃性を判断し、前もって遮断するシステムを今年新しく取り入れた」と明らかにしながらも、また別のインタビューでは、「書き込みの規制が度を過ぎると、ニュースアクセス数の減少や広告収益の悪化が懸念される」とし、ヤフコメ民を積極的に防ぐ考えがないという意味を示唆した。

最初にポータルサイトのメインページを嫌韓記事が飾っていて、これにあらゆる誹謗コメントが集中するのはYahoo!JAPANが意図した結果と見ることもできる。なじぇならメインページに飾られるニュースは、Yahoo!JAPANのスタッフが直接判断して配置するケースが多いからだ。

Yahoo!JAPANを運営するZホールディングスの親企業であるソフトバンクと、孫正義(ソン・ヂョンウィ)会長に対する批判的な記事が特にYahoo!JAPANにだけ遅く掲載されたり、ハナから掲載されない理由もこれと同じだ。

また朝日や読売、日経などの日本の主要新聞社は、特に重要で価値のある記事は絶対にYahoo!JAPANには供給せず、独自の紙面やホームページの有料読者にだけ提供して収益を確保する。

そのために韓国とは異なって良質の記事を確保し難いYahoo!JAPANは、独自のホームページすら持たない零細なマスコミから記事を提供を受けて掲示する事例が頻繁だが、特に韓国関連ニュースは韓国人はもちろん、日本人にもなじみの薄いマスコミが書いた記事でメインページ大部分が満たされていて、その出処もさらに疑わしいばかりだ。

最終的に、公正性と信頼性を検証されていないマスコミが作成した記事をYahoo!JAPANが直接ピックアップして、これに悪質な書き込みをする者たちが加勢し、現在のような嫌韓ムードが作られた。

さらに大きな問題は、Yahoo!JAPANは1996年に設立されて以降、一度たりともポータルサイト1位から落ちたこともないほど絶対的な人気を誇っているため、韓国に向かったオンライン上の無差別的な敵がい心も、いつ改善されるのか分からないという点である。
---------------------------------------------
👹2021/10/03(日)【Yahoo!ニュース】「ヤフコメ」で不適切コメントが急増…人権侵害、誹謗中傷、ヘイトスピーチへの対策を強化へ


👹ユーザーのみなさまへのお願い ―コメントの投稿にあたって― 

いつもYahoo!ニュースをご利用いただきありがとうございます。

10月1日、Yahoo!ニュース コメント投稿数が急増しました。
その中には、不適切な内容も散見されたため、記事ページやコメント欄などに注意書きを追加し、ユーザーのみなさまへのご協力をお願いするとともに、パトロールを強化しています。

Yahoo!ニュースでは、人権侵害や誹謗(ひぼう)中傷、ヘイトスピーチ、不快な内容を含むコメントなどの禁止行為をYahoo!ニュース コメントポリシーに明示し、
ユーザーのみなさまに順守をお願いしています。また、事前抑止に努めるとともに、投稿された場合でも、専門チームによるパトロールと、機械学習での自動検知で24時間365日対応しています。

ユーザーのみなさまに改めてお願いです。
いま一度、コメントポリシーをご一読いただき、過度な批判、攻撃的な投稿はお控えください。苛烈、乱暴な言葉づかいがないか、
行き過ぎた批判ではないかについて投稿前にご確認いただき、穏当な言葉づかいを心がけていただくなどのご協力をお願いします。

Yahoo!ニュースの取り組みについて
今回、コメント投稿数が急増したことを受け、コメント欄をご利用の際に必ず目に留まるよう、記事ページやコメント欄の上部など目立つ場所に注意書きを掲出しています。
---------------------------------------------
🗣️2017年4月28日 朝日新聞デジタル コメント欄にはびこる嫌韓・嫌中 ヤフー・ニュース分析

---------------------------------------------
🧟‍♂️2021/10/06(水) 【玉川徹氏】不適切投稿に注意喚起の「ヤフコメ」へ提言…「ヤフコメという場が一部の人の巣窟に」


🧟‍♂️テレビ朝日の玉川徹氏が6日、同局系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。

番組では、ヤフーが「Yahoo!ニュース」で誰かを激しく傷つけたり攻撃するというコメントの投稿を控えるよう呼びかけたことについて報じた。

ヤフコメと呼ばれるコメント欄では投稿数が急増し、不適切な内容も散見されたことを受け、新たに、コメント欄上部に「法令に違反するコメントや、誰かを著しく傷つけたり、攻撃したりするようなコメントの投稿は禁止しています」などといった内容の注意書きを追加し、投稿者に協力を求めている。

スタジオでは、「Yahoo!ニュース」が以前から不適切な書き込みに対し対策を講じていることを紹介した。それによると個人情報、プライバシーの侵害、過度な誹謗中傷など人間とAIが24時間でパトロールし1日平均32万件の書き込みから2万件を削除しているという。

玉川氏は、「ヤフコメ」について「ヤフコメっていうのが社会の役に立っているのかという観点で考えると、ヤフコメという場が一部の人の巣窟になっている実態がある」と指摘した。知人のジャーナリストの分析として、全体の1、2パーセントの人たちが書き込みの8割を占めているとし「そうすると多様な意見がそこで見られるのかというとそんなことはなくて、わずか1、2パーセントの人の動向をそこで見ても意味がないじゃないですか、社会として」と指摘した。

続けて「だから僕は、ヤフコメ自体をもうちょっと1回、考え直した方がいいんじゃないか、と。スタートした時のヤフーの趣旨と今現在、与えている影響を考えると全然違うものになっているんじゃないですかね」と提言していた。
---------------------------------------------
🐶2021/10/19(火)ヤフー「コメント欄」に誹謗中傷が後絶たず AI判断で非表示へ

👌🏻IT大手のヤフーは、インターネットのニュース配信サービスで読者が意見や感想を書き込める「コメント欄」について、一部で、誹謗中傷が後を絶たないことから、一定の水準を超えて誹謗中傷が集中した場合に、19日から非表示とすると発表しました。判断は、AI=人工知能を使って自動的に行われるということです。

ヤフーでは、運営するインターネットのニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」で、それぞれの記事に読者がコメントできる「コメント欄」を設けていますが、誹謗中傷や関係ない投稿が行われることがあることから、人による監視に加えて、7年前からAIによる違反コメントの削除などの対策を進めてきました。
---------------------------------------------

作品紹介
 

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 
 人気ブログランキングへ