世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

ワクチン利権を深夜大宴会の厚労省は承知?コロナ危機は陰謀で実態はインフル程度



2021033102



(。☉た ⊙。)  田村憲久宴会でユダ金様に叱られた

………………………………

(BcB) φ BBC>>  世界の10富豪、パンデミック中に資産増加 「人類全体のワクチンが買える額」=NGO


世界のトップ富豪10人が、新型コロナウイルスパンデミック中に合わせて5400億ドル(約56兆6000億円)相当の資産を増やしたと、国際NGOオックスファムが発表した。これは新型ウイルスによる世界の貧困化を防ぎ、人類全体のワクチンを購入できる額だという。

………………………………

T <丶`B´>s   TBSテレビ>>厚労省宴会で炎上 大臣娘・田村真子アナの新番組は時事ニュース扱わず…他局はガンガン


厚生労働省職員が23人参加の宴会を深夜まで開いていた問題は、30日、田村憲久厚労相が国会で謝罪するなど波紋が広がった。

29日に発覚した不祥事。田村厚労相の娘、田村真子アナウンサーが司会を務める新情報番組、TBS「ラヴィット!」は、スタート日にタイミングの悪いニュースが発覚する格好となったが、同番組は時事ニュースから離れ、生活情報などに軸を置く方向。30日もパスタソースやユニクロファッションなどの話題を取り扱った。

 一方、同時間帯のフジテレビの新情報番組「めざまし8」はトップで取り上げ、総合解説の三浦瑠麗氏が「厚労省は巨大組織。お役所内の連携のとれなさは、これで分かった」とコメントした。

……………………………… 

(BcB) φ BBC>>150人の結婚披露宴会場に警察が踏み込んで摘発 コロナ規則違反


ロンドン警視庁は22日、新型コロナウイルス対策のため市内で実施中のロックダウン(都市封鎖)の規則に違反し、約150人が集まる結婚披露宴が開かれていたとして、会場に踏み込んで摘発したと発表した。主催者には1万ポンド(約142万円)の罰金が科される可能性がある。

 英メディアによると、現場はロンドン北部のユダヤ教系の学校。披露宴は21日夜に開かれ、内部を隠すため窓を覆ったり、学校の門を閉めたりしていた。ロックダウン中は結婚式の参加者が6人までに制限されている。
………………………………

(⌐❐_❐) 【東大試算】 緊急事態宣言が解除された後、気が緩んで宴会が盛んに行われた場合、5月には再び東京の1日当たりの感染者が1000人を超える


解除後は再び増加に転じる。経済活動が一気に再開され、年度替わりで活発に歓送迎会などが行われた場合、
5月には感染者数が1000人を突破し、ピーク時の5月第3週には1300人を超える可能性があることが分かった。
………………………………

<㊐垢㊐> 厚労省>>3月24日、厚労省官僚「銀座で0時頃まで23人宴会」の唖然


二度目の緊急事態宣言が1都3県でようやく解除されてから、わずか3日後の3月24日。東京で最大級の繁華街、銀座では飲食店に対する営業時間の短縮要請が継続していたこともあり、夜になると人影はまばらだった。

しかし、ある居酒屋は違った。1グループ23人もの参加者が集い、深夜まで盛大な宴会が催されていたからだ。

この大宴会の参加者が、よりにもよって新型コロナウイルス対策を担う厚生労働省に属する官僚たちだったと聞けば、一般の人たちはどんな感想を抱くだろうか。

■「大人数での飲食自粛」は政府や自治体のメッセージ

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は参院内閣委員会や記者会見など公の場で、再三再四にわたって「会食はなるべく5人以下にしてほしい」と訴えてきた。新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、大人数での飲食自粛は政府や自治体のメッセージだ。緊急事態宣言下で「夜の銀座」へクラブ通いをして自民党公明党の議員が離党や辞職に追い込まれたのは記憶に新しい。

むろん3月24日時点では緊急事態宣言は解除されていた。宴会の一部始終を再現してみよう。

19時10分、人影もまばらな店内に、厚労省老健局の職員6人が訪れた。席に通されるやいなや、マスクを外して談笑が始まる。「今からまだまだ来るから」と言い、参加者が集まるのを待っていた。

この日は国会開催中だったため残業もあったのだろう。集合は三々五々、ぽつりぽつりと職員が店を訪れる。19時50分を回り、10人が集まったところで幹事の職員が「では乾杯しましょう」と発声。グラスを重ね、拍手が起きた。

………………………………

<㊐垢㊐> 厚労省>>厚労省官僚、銀座で深夜まで23人のマスクなし大宴会開催


参加者たちは出された食事をつまみながら、話に花を咲かせている。感染防止などどこ吹く風で、誰一人マスクをせずに大きな声で盛り上がってきた。濃厚接触間違いなしで、1人でも新型コロナになっていればクラスターの発生さえ危惧される。その間に1人、また1人と店を訪れ、20時10分の段階で17人に。幹事の「改めて乾杯しましょう」との掛け声に、「かんぱーい!」と大きな声が会場に響き渡った。

厚労省によれば、この宴会は人事異動に伴う送別会だったという。そのため異動対象者がみんなの前で挨拶、その都度、「お疲れ様でしたぁ」との歓声と拍手が起きていた。

結局、宴会が終わったのは22時30分ごろだった。

23人もの厚労省官僚が、マスクなしで深夜まで宴会をしていた事実だけでも驚きだ。しかし、これで終わりではなかった。話が尽きなかったのか、支払いを済ませた後もぐだぐだと店に残り、全員が店を出たのは日付が変わる寸前。地下鉄の駅に急いで向かう職員もいたが、一部には「もうこの時間だし」と言ってタクシーで銀座を後にしていた。

緊急事態宣言が解除されたからとはいえ、感染の再拡大が懸念されており、企業や団体は、夜の会合や宴会の実施について独自の基準を定め、社員や職員などに順守するよう求めている。例えばある大手銀行は原則禁止、どうしても必要な場合は上司の承諾を得たうえで認めるものの、参加者は最大4人までにするよう求めているという。

この銀行の幹部は、「従業員を守るという意味に加え、相手にも迷惑をかけてしまうのを防ぐためだ。万が一クラスターなどを起こしてしまえば、社会的な責任も問われかねず、しばらくの間は細心の注意を払っている」と語る。

………………………………

(╬☉菊⊙)    菊地幸夫>>「倫理を求めるのもう無理」厚労省職員23人宴会報道に


国会もそうですけど、行政官庁の方にあまり倫理を求めるのはもう無理なんじゃないかとあきらめですね。ちゃんと正直にものを言いなさいとか、書類はちゃんと改ざんしないで出しなさいとか、この国の官僚には

………………………………

彡`娘´)>ビル・ゲイツ娘>ワクチン接種、陰謀説にやんわり反論


ゲイツ氏は、反ワクチンの陰謀説の中で中心的な人物とされ、同氏が今回のパンデミックを利用してワクチンを普及させ、人の心を操ったり居場所を特定したりするマイクロチップを埋め込もうとしているとの非現実的な説が出回っていた。
………………………………

(。・ˇ斉ˇ・。) 斉藤新緑>>「ワクチンは殺人兵器 打つな」 ベテラン福井県議が“陰謀論”


「人類初、遺伝子ワクチンを打つな!」。

4月から65歳以上の高齢者を対象に始まる、新型コロナウイルスのワクチン接種。

そんな中、ワクチンを打つなと主張したのは、福井県の斉藤新緑県議(64)。

発覚したのは、斉藤県議が2月に発行した、議会報告書。

見出しには大きく、「ワクチンは殺人兵器」、「打つと5年以内に死ぬ」。
ほかにも、「新型コロナ騒動は、『闇の勢力』が計画してきたもの」とし、新型コロナは「人口削減と人の支配のために意図的に作られたもの」であるという内容がつづられている。

これを多くの支持者に配布。
自分のウェブサイトでも公開していた。

いったい、どんな経歴の持ち主なのか。

実は、斉藤県議は、自民党に所属し、現在6期目。
自民党福井県連では、会長代行を務め、福井県議会の議長も経験したベテラン議員。

県議会の自民党は、ワクチン接種を進める政府・与党の方針に反するとし、厳重注意とした。

斉藤県議は、「自らの政治信条に関することで、自民党とは関係ない」として、ワクチン接種の批判は個人の信念だと説明しているという。

………………………………

( ̄f  ̄ )b Facebook>>フェイスブックがワクチン接種の邪魔をする新型コロナ陰謀論を削除へ


Facebookフェイスブック)は、虚偽のワクチンに関する主張を取り下げるための基準を拡大すると発表した。同社はWHO(世界保健機関)などと協議して作った新しい規則の下で、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンには「効果がない」「病気にかかる方が安全である」といった主張や、広く論破されてきた「ワクチンが自閉症を引き起こす可能性がある」という、反ワクチン派の主張を削除する。

………………………………

σ(ΘごΘ)you 尾身 茂>>“『通常のインフル同様の認識』となるのは来年以降”


ことしの冬からさらに1年ほどがたてば、このウイルスに対する不安感や恐怖心が、だんだんと季節性インフルエンザのような形になっていくと考えている。多くの人がインフルエンザと同じような気持ちを持ったときがいわば終息のような感じになるのではないか

………………………………

<丶`マ´> φ  毎日新聞>>新型コロナ 「脅威派」と「軽症派」は学び合って


新型コロナウイルスの勢いが止まらない一方で「新型コロナはインフルエンザと同じ程度の風邪だ」という意見も依然根強くあります。こういった意見の人たちは緊急事態宣言どころか、飲食店の時短などの自粛にも反対し「経済を回せ」と言います。同じ現象をみているはずなのに、なぜこれほどまでに意見が異なるのでしょうか。過去に紹介したように新型コロナを軽症と考える「コロナ軽症論」には説得力があるものもあります。その一方で、新型コロナがインフルエンザよりも脅威であることを数字で示した論文も登場してきました。そこで今回は、改めて「新型コロナとインフルエンザの違い」について考えてみたいと思います。

………………………………



作品紹介

内容の詳細はここをクリック



 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

 人気ブログランキング