世相両断

マスゴミの不正を暴き真相を伝えます

受信料は鮮人の餌!肉食桑子真帆も!汚鮮NHKがまた朝ニュースで延々とK-POP捏造宣伝


2021012401



n<丶`h´>k NHK=☞ 鮮人の懐肥やす受信料

………………………………

(´・Д・`) google検索で「朝鮮人 NHK 乗っ取り」などと検索すると必ず「2021年間ビジターアンケート」のような詐欺サイトに飛ばされます。

ʅ(╯⊙ ⊱⊙╰ )ʃ 2021 年間ビジターアンケート」という怪しいフィッシングサイトの注意喚起


………………………………

n<丶`h´>k NHK>>国民的アナの衝撃 「超肉食ぶり」


NHK桑子真帆アナウンサーの“過去の顔”が暴かれた。1月19日発売の「フラッシュ」が、桑子アナと過去に交際していたという男性の証言を掲載。
2020年の大晦日に3回目となる「NHK紅白歌合戦」の総合司会を務めたばかりの国民的アナは、過去“超肉食系”だったという。
記事によると、お相手は桑子アナと同じ大学だった30代男性のAさん。2人は学生時代から9年間に渡って男女の関係を持っていたという。
といっても、桑子アナには別に彼氏がいて、Aさんはいわば“間男”的扱い。
Aさんによれば、当時の桑子アナは「女友達の彼氏が一番スリルと背徳感がある」と話していたらしく、友達の彼氏と遊ぶことを“不倫デート”と呼んで、関係を持った回数も複数回あるというから驚きだ。
10年にNHK入局後も桑子アナとAさんの関係は続いたというが、いつの間にか桑子アナはAさんからの連絡を断ち切るようになり、自然消滅したそうだ。
桑子アナは17年、フジテレビの谷岡慎一アナと結婚したが、18年にスピード離婚。
理由は夫婦間のすれ違いともいわれたが、桑子アナが子作りを拒否して朝まで飲み会に参加していたと、18年の「週刊女性」が報じた。
大の酒好きである桑子アナは男性とマンツーマンでも3~4軒ハシゴするという。
誘えば何軒でも付き合ってくれることから局内では“断らない女”というあだ名がついたことも、18年の「NEWSポストセブン」が伝えている。
断らないのは酒の誘いだけではない。18年の「週刊新潮」が驚きのエピソードを報じていた。
NHK局員らと飲んでいたとき、若い男性2人組に『キレイだね』と声をかけられて、桑子アナは断ることなく、ついて行きそうになったといいます。
男性局員が慌てて引き離したそうですが、そのままついて行ったら、どうなっていたことやら。また、スタッフとの飲み会で泥酔した桑子アナが男性陣を口説いていたと、18年の『週刊アサヒ芸能』が報じています」

………………………………

n<丶`h´>k NHK>>ナビゲーション「K-POPドリーム~地方からスターを目指せ!~」


今月ついにデビュー!NiziU▽キャッチコピーは“日本発のグローバル・スタンダード”全国各地1万人から選び抜かれたガールズグループ▽韓国エンタメ界が熱視線!日本の地方からK-POPスターに!?新たな潮流のヒミツ▽静岡のダンススクールにはデビューを夢見る若者たちが次々と▽アイドルを目指す挑戦に密着!最前線で何が…▽K-POPが若者たちをひきつけるワケは?▽SKE48卒業間近の松井珠理奈も語る!

………………………………

n<丶`h´>k NHK>>「輝ける場所がここにある~K-POPに挑む女性たち~」

世界を席巻するK-POP。「限界を超え輝きたい」と日本人女性が韓国に渡り、次々とデビューを果たしている。夢を追いかけ、挑戦を続ける彼女たちの日々を追った。

………………………………

n<丶`h´>k NHK>>NHK受信料、テレビを持つのに契約を結ばず 支払いを逃れている人への割増金制度の導入 国会提出へ


NHKの改革を検討してきた総務省有識者会議は15日、同省が取りまとめた最終案を大筋で了承した。テレビを持つのに、不当に受信契約を結ばないで支払いを逃れている人への割増金制度の導入などが盛り込まれた。同省は、18日召集の通常国会に実現のための放送法改正案を提出する。

割増金は受信料の公平負担の徹底が目的で、現行の受信契約制度を維持しながら導入する。同会議は、NHKが一定水準を超える剰余金を積み立て、受信料値下げの原資に充てることを義務付ける制度の導入も了承した。NHKは13日、2023年度の受信料値下げを発表しており、この値下げの原資にも活用される。取りまとめを巡っては、同省が昨年11月に案を公表し、意見募集を行っていた。


(╬☉д⊙)   日本人の血税を使って、
しばき隊メンバーなど在日朝鮮人を大量採用し、
朝鮮電通と結託して自称「日韓グループ」「韓流スター」の人気偽装をやりまくる超絶反日NHK

何のメリットもない韓国から離れようとしている日本を邪魔するため、韓国内の政治話をさも重要ニュースであるかのように報じまくる超絶反日NHK

NHK特殊法人 日本放送協会)の平均年収が1606万円(40.9歳平均・日本人平均の4倍)だということをみなさんはご存じですか。
………………………………

n<丶`h´>k NHK>>【NHKのスクランブル化を実現させよう】

.
NHK森本健成(たけしげ)アナの痴漢は国策逮捕の可能性 】
この森本健成アナ、僕は結構好きだった。
同じ出身地(市)、大学も同じ(学部も)、おまけに最初の赴任地は釧路放送局だった(屈斜路湖にある池の湯での露天風呂取材も見に行ったことがある)から、なんか親しみを感じていたので、こんな痴漢を本当にしてしまったのかショックだった。
それで、この事件が本当なのかを調べてみたらなんと、森本アナの痴漢逮捕に協力した人物は、過去にも経験があるらしく、冤罪の可能性が強いという。
以下の内容は、神州の泉(長谷川浩解説主幹、森本健成アナ、堀潤アナらを襲ったNHK“黒い圧政”、その向こう側には‥)から引用させていただきました
森本健成アナウンサーの強制わいせつ事件は、原子力ムラの意向が絡んだ官憲による国策逮捕である。これは、昨年11月14日の午後7時45分ごろ、森本健成アナは、走行中の東急田園都市線電車内で、女性の服に手を入れて胸を触った容疑で警視庁玉川署に現行犯逮捕された事件である。
この事件は植草一秀氏や三上直行氏が遭遇した国策捜査事件と酷似していて、状況的に不自然な点が多くあり、事件後1カ月もしないうちに被害女性に処罰意思がないことを理由に不起訴処分になっていることを見ても、森本氏の“人物破壊”のみを狙った見せしめの捏造事件である。
森本健成アナは2012年7月24日に放送された『NHKスペシャル原発事故調 最終報告~解明された謎 残された課題~』の司会を務めた件で、原子力ムラの怒りを買い、国策逮捕されている。

………………………………

n<丶`h´>k NHK>>「朝鮮人」ツイート問題 NHKがアカウントとHP削除 「当初から決まっていた」


NHK広島放送局が原爆被害を伝えるために運用していたツイッターのアカウントを2020年末に削除していたことが4日、同局への取材で分かった。朝鮮人を巡る投稿が差別をあおっていると批判されたアカウントだった。

 同局広報担当者は「当初から企画終了に合わせ閉鎖は決まっていた」と述べ、批判を受けての削除ではないとした。識者からは「説明もなく削除するのは、公共放送として責任を果たしていない」との声も出ている。

 ツイッターは「もし75年前にSNSがあったら」という設定で20年3月に始まった。1945年8月20日の出来事として投稿した「朝鮮人だ!」「乗客を窓から放り投げた」などの内容が差別扇動だとして市民や被爆者から抗議を受けた。

………………………………

n<丶`h´>k NHK>>「NHK広島「朝鮮人」ツイート 民団が人権救済申し立て「民族差別を扇動」


NHK広島放送局ツイッターで展開している「1945ひろしまタイムライン」上で「朝鮮人」を巡る記述が差別的だと批判を受けている問題で、在日本大韓民国民団(民団)中央本部人権擁護委員会などは23日、「投稿は民族差別を扇動する」として、広島法務局に人権救済を申し立てた。NHK広島放送局への勧告を求めている。
………………………………

n<丶`h´>k NHK>>「NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」


NHK広島放送局が原爆被害を伝えるために運用するツイッターが差別をあおったと批判された問題で、在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連広島県本部が23日、「投稿は在日朝鮮人らに恐怖と精神的苦痛を与える」として、広島弁護士会に人権救済を申し立てた。

………………………………


作品紹介

内容の詳細はここをクリック



 記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

 人気ブログランキング